こんなはずじゃなかった!ダイエットの失敗パターン

一般的にダイエットの失敗というと、体重が減らず痩せないこと、もしくはリバウンドすることを指しますが、失敗はそれだけではありません。
「痩せればキレイになれる」と信じて始めたダイエットで見事に目標体重をクリアし、スリムな身体を手に入れたとしても、残念ながら「キレイになる」という点で失敗と言わざるを得ない例が山ほどあります。
そうした「痩せたけれどキレイになれなかった」悲しい失敗の中でも特にありがちな2例を紹介します。

その1 老ける
炭水化物や脂肪分も大切な栄養です。極端に不足すると老化として表れます。
肌の潤いは失われカサカサになります。表情筋も衰え、たるみます。もちろんシワも増えます。特にほうれい線がやけに目立つようになります。
一度失った若さを取り戻すのは容易ではありません。
いくら体型がモデル並みにスリムでも、顔が老けてしまってはガッカリです。

その2 性格が変わる
お腹が空いてイライラした事はありませんか?ダイエット中の場合、それでも我慢しなければならないのでストレスが溜まり、さらにイライラが募ります。自分では上手くコントロールしているつもりでも、こうした感情はどうしても相手に伝わってしまうものです。
ひどい場合はコントロールがきかずヒステリックになったり、明らかに情緒不安定になる人もいます。
また集中力も低下します。仕事でそれまでしなかったようなミスをくり返したり、学生は成績が下がる事もあり得ます。
人間の美しさは外見だけではありません。
本人の知らないところで、「ダイエットを始めてから(悪い意味で)変わったよね。」などと噂が立つのもよくある話です。
その結果、周囲の人間から敬遠されるようになり、「気付けば一人ぼっちになっていた」ではダイエットの苦労も全くの無意味になってしまいます。

こうしたダイエットの失敗は、エスカレートすれば治療を必要とするほどの深刻な事態に発展しかねません。
そんな間違いを犯さないためにも、まずは「痩せること=キレイになること」という誤った認識を捨てることが重要なのです。

トリミングペットリボンをお探しならこちら★

和服買一筋

岐阜市の判子・印鑑屋さんってどこにある?

交通事故裁判ならイデア綜合法律事務所まで。後遺障害の保険金、正しいですか?